むちうち・交通事故 jpg

​交通事故 むちうち

​こんなことになってませんか

​☐痛みがあるのに、 病院では異常がないと言われる

☐ 気圧や天気によって体調が崩れることがある

​☐ なんだか体が重い

​☐ 痛みがなかなか引かない

​☐ 事故後からだんだん痛みやしびれが出てきた

☐ 事故の補償について知りたい

事故にあった直後というのは、身体の変化に気が付きにくいものです。大したスピードで当たらなかった時などは大丈夫と思いがちです。事故から数日してあちこち不調になったというのはよく聞く話です。虫歯などと同じで「まだ大丈夫かな」と放置しておくと、大きな症状となって体に現れてきます。早めの対処がその後の回復につながるので早期施術で完全回復を目指しましょう。

野毛ひかり整骨院では、近隣の整形外科の先生や交通事故専門の弁護士と患者様の体のケアーと補償を自己負担ゼロ円でトータルでサポートします。




 

​野毛ひかり整骨院の交通事故の施術

 

丁寧な検査で原因究明
 

1.痛みの起こっている動作をチェックして、原因となっている場所を特定します。
2.その場所にどのような無理が加わると痛みになるのかをチェックし、原因となりうる筋肉や関節を見つけていきます。(専門外の要因と判断した場合は、近隣の医療機関と連携して総合的にサポートします)


多彩な施術方法で本気施術
 

3.患部に適切な刺激を入れるために、小さなお子様から働き盛りの方、ご高齢の方に合わせた
優しい施術~強めの刺激の施術まで、患者様の状態に合わせたオリジナルな手当をします。
強い刺激に不向きなマタニティのかたも安心して施術できます。


豊富なケアーメニューで予防
 

4.その後、再発予防につながる動作が出来るように柔軟性、強靭性を身につけていきます。

 交通事故にあった時の10ステップ           

事故発生時

 

(1)まず、お互いケガがないか確認し合い、身の安全を確保します。 

 

(2)110番をして、事実を正確に伝えます。 

 ※相手の加害者が警察を呼ぶのを嫌がるケースもありえますが、関係ありません。 

 

(3)加入している保険会社へ連絡します。(被害者・加害者どちらも) 

 ※保険会社によっては事故対応を代行してくれるサービスもあります。 

 

(4)スマホで写真を撮るなど、事故現場の記録を取ります。 

 ※事故車の状況、衝突部位、タイヤ痕、事故直後の周囲の状況など。 

 

(5)加害者側の運転手の情報をメモします。 

 ※『住所』『氏名』『年齢』『連絡先』『車のナンバー』『強制保険』『加入している任意保険会社名』 

 

(6)目撃者がいれば、その方の連絡先(氏名、住所、連絡先)をメモします。 

 ※後々で第三者として証言をしてもらう必要が発生する可能性があるため。 

 

 (以上、面倒ならばスマホ等でずっと録音しておきましょう) 

▼病院での診察 

 

(7)【必ず】病院(整形外科・外科・総合病院)で診断を受けます。 

 ※事故直後には問題なさそうでも、後日、後遺症がでる恐れがあります。 

  【絶対に、必ず、受診すること】。 

 

(8)医師の診断書を発行してもらいます。 

 ※きちんと「診断書を発行してください」と医師の先生に伝えましょう。 

 

(9)診断書を警察に届けましょう。 

 ※これではじめて物損事故から人身事故扱いになります。 

 

(10)きちんと完治するまで病院および接骨院へ通院しましょう。 

 ※「保険の適用期間が終了する」等の保険会社のウソに騙されないように。。 

 

以上の10ステップです。 

 

■困ったら野毛ひかり整骨院に相談しましょう

当院のスタッフは交通事故の治療はもちろん、

事故の周辺対応(保険相談等)にも熟知しております。

 

あなた自身が事故に遭われた際、

もしくは、

ご家族やご友人が事故に遭われた場合でも、

お気軽に当院へご相談ください。


当院での相談料は【無料】です。

なお、当院での交通事故治療(自賠責保険適用)は、

【自己負担0円】

で、受けることができます。